前十字靭帯損傷

前十字靭帯損傷の治療

入院について

シャワー付の個室3泊4日、入院した日に手術を行い、当日術後からリハビリがはじまります。
4日目に松葉杖で退院します。

手術について

全身麻酔で、手術時間は約1時間、術後3時間すると歩行器を使ってベッドから離床します。
術衣に着替えますが、下着は着用したままで、尿道カテーテルは行いません。

リハビリについて

術前に身体的特徴などを調べ、個々の競技レベルにあわせて、週1~2回のペースでプロトコールに沿って進めていきます。あんしんクリニック3階に提携するトレーニング施設でマシーンを使った全身の筋力トレーニングを行います。術後3か月頃からは競技復帰に向けてあんしん病院2階トレーニングセンターでアスレチックリハビリテーションを行います。遠方の方は当院のプロトコールを参考に近くで行ってもらうよう紹介し定期診察をします。

復帰時期

2週間の松葉杖のあと、1か月でほぼ制限のない日常生活に戻ります。2~3か月で個人練習に参加し、5~6か月での完全復帰を目標にトレーニングを進め、すべての復帰基準をクリアすれば完全復帰です。原則的に装具は使用しませんが、希望時などは競技に合わせ様々なタイプの装具を相談しながら対応します。

手術法について

再建した創

5mm程の穴が2個、2~3cm程のキズが1個で、すべて内視鏡で手術します。膝の後ろにあるハムストリング腱や前にある膝蓋腱を用いて十字靭帯を再建しますが、選手の身体的特徴や競技に応じて手術方法を決定します。再建靭帯はスクリューなどで固定しますが、希望されない限り抜去の手術はありません。

「小侵襲の膝蓋腱によるACL再建術」
膝の前の膝蓋腱(BTB)で再建する場合の当院の特徴とするところは、靭帯を2㎝程の小切開で再建するため痛みが少ないことです。一般的なBTB法よりキズが小さいのがわかります。

合併損傷について

半月板損傷、側副靭帯損傷、後十字靭帯損傷などの合併損傷や、両膝前十字靭帯損傷に対して同時に手術を行っています。また、前十字靭帯術後の再受傷にも対応しています。

保存療法について

前十字靭帯損傷は残念ながら手術になることが多いのですが、最終学年で引退が近い場合、重要な試合が間近にある場合などは、起こりうるリスクとパフォーマンスの低下を説明し十分に相談した上で、当院の保存療法プログラムに沿ってスポーツ復帰し、慎重に経過をみていきます。

手術の予約について

すでに診断をされていてなるべく早く手術を希望される場合は、外来診察の予約時に、MRI持参の有無、手術希望の有無をお伝えください。必要となる術前の血液検査やリハビリ評価もなるべく早く対応してご負担のかからないようにします。

手術成績について

最近の平均スポーツ復帰時期は6.7ヶ月です。6ヶ月で復帰できた選手は56%で、復帰時の膝周囲の筋力は反対側の90%以上が必要でした。手術前にトレーニングを行い術前検査時の筋力が80%以上の選手が6ヶ月で復帰できる傾向でした。受傷時から手術までの間に筋力低下を抑えトレーニング知識を身につけておくことが大事と思われます。6ヶ月で復帰できなかった選手は44%で、平均7.7ヶ月で復帰しています。
2013年から2015年までの再断裂率は約1.9%で、反対側の断裂率は約1.6%でした。

▲ページトップ